「笑顔をもらいに」各店へは

「笑顔をもらいに」各店へは

こちらからどうぞscissors

sun笑顔をもらいに(元祖)sun

tulip笑顔をもらいに~3号店~tulip

clover笑顔をもらいに~4号店~clover

cherry笑顔をもらいに~5号店~cherry

| | コメント (0)

笑顔をもらいに~4号店~ はこちらから

笑顔をもらいに~4号店~

| | コメント (0)

YOSAKOIかすやまつり、おおかWA!ダンスまつりに行ってきました。

『笑顔をもらいに』が3分割しているんで、このタイトルで、3箇所それぞれにお知らせしなくちゃhappy01

というわけで、2日間まつりを楽しんできました。

楽しんだ後の嬉しい喜びに満ちた記事の更新。
かなりお待たせしてしまうかもしれませんが、3号店の方でやらせていただきたいと思いますので、またお付き合いください。
Musubiren
結連

Hagakurebujin
葉隠舞神


| | コメント (0)

Viento in 阿蘇ネイチャーフェスタ

この感動を十分にお伝えすることが出来るのだろうかっていう不安もあります

でも、何の尾ひれもない、素のままのその言葉をお伝えすることが一番だなって思います

人間はややもすると、人からよく見られたいと、難しい言葉を並び立てようとします
でも、その難しい言葉って、そんなに歴史深いものじゃなく、国語辞典にも載っていないような英語から引っ張ってきた言葉を、この日本に無理に当てはめようとするもので、もともと古くから伝わってきたものとは全然違うものですよね

一番伝わりやすい言葉って、一番最初に覚えた言葉

この感動を十分にお伝えすることが出来るのだろうかっていう不安もあります

でも、何の尾ひれもない、素のままのその言葉をお伝えすることが一番だなって思います

人間はややもすると、人からよく見られたいと、難しい言葉を並び立てようとします
でも、その難しい言葉って、そんなに歴史深いものじゃなく、国語辞典にも載っていないような英語から引っ張ってきた言葉を、この日本に無理に当てはめようとするもので、もともと古くから伝わってきたものとは全然違うものですよね

一番伝わりやすい言葉って、一番最初に覚えた言葉

それって

「お母さん」  
だったり
「ありがとう」
だったり
凄く短くても、深い意味のある言葉なんですよね

よさこい人だけじゃなく、
この世を暮らしてきて、少し難しさを感じてる全ての人に
聞いて欲しい
見て欲しい

そう思います

いつもだったら、ラストを見ずに帰ってしまうんですけど、

この日は、雄大なこの地をもう少しだけ離れたくないっていう気持ちがわいて来て、
少しだけゆっくりさせていただきました

そのことが偶然だったのかどうかは今でも分かりませんが

そのお陰で、このVientoのコンサートを見ることができたわけです

何よりも、このアスペクタに来る、貴重な機会を与えていただいた
せなママさんに、感謝したいなって思っています

今までこの会場で演舞して、この地…そしてみんなに元気を与えてくれた
よさこい人に対するメッセージをいただいたことは、凄くうれしいことでした

自分はよさこい人ではありませんが、
このような貴重な言葉や笑顔を皆さんにお伝えする機会をいただいている

そのことを、生かしなさいっていう大地からの言葉が自分の心に届いてくれたんだろうなって思います

遠くからこの会場にやって来てくれたみんなは、それぞれまた明日からの日常に備えるために、家路につき、このメッセージを生で聞くことはできませんでしたが、

代わりに聞かせていただいたものの務めてして、
この場所でお伝えします

よさこいをやりながらも、何となく悩みを感じている方もいるかもしれませんが、
何度も何度もお聞きいただいて、
心の中に、温かいものを感じていただきたいなって思います

Img_1016 Vient in 阿蘇ネイチャーフェスタの写真を見る

「Viento」

#1
♪ ~森~ 「息吹」

#2
トーク

阿蘇の野焼

もう千年以上も続いています
この阿蘇に始まる阿蘇の歴史

最後は山の左右から火が放たれ…
バリバリっというすさまじい音を立てながら火が走って行く
最後にこの火が交わり、火柱が20メートル上がる
そして真っ黒の大地になります

そして一回雪が降って、いよいよ阿蘇の春が始まる
春の一番隊で咲くのは、こんな小さい キスミレ という花です

Img_1014吉川万里さん

♪ 火の鳥  「大地の音楽」

#3
トーク

母親の背中

母親の背中で覚えた歌があって、最近になって思いだした歌があります…
それは庭の千草という曲でした

#4
♪ 庭の千草

決して
立派な歌が歌える母親ではありませんが
世界一上手な歌よりも
うちの母ちゃんの歌ん方がええ

自慢しても自慢して
自慢し尽くせない
この阿蘇をテーマに曲を奏でています

Img_1021_3
竹口美紀さん

#5

トーク 未来

~よさこいの方々へのメッセージ~

ハスの花は 泥の中に生まれて 泥の中で育って
しかし 泥に染まらずに 花を咲かせる

#6
♪ 花

#7
♪ コンドルは飛んで行く

この心温まるメッセージをいただいたVientoのお二人のページをご紹介しておきます

~阿蘇・風の音楽(うた)~

今月から毎月第2土曜日に
このアスペクタで

大草原の小さな音楽会
っていう集いを開催されるということです

再会はいつになるっていう約束はできませんが、必ずまたお逢いしたいなって思っていますし
もしよろしければ、ここにお二人からよさこい人にコメントをいただければ、
自分の伝えることが出来なかったものを補っていただけるんじゃないかなって思います

ここでいただいたご縁に感謝をしながら、この阿蘇ネイチャーフェスタの記事を終了させていただきます

本当にありがとうございました

| | コメント (2)

笑☆舞 Wa☆Live わらいぶ 、荒人 そしてYOSAKOI終演総踊り in 阿蘇ネイチャーフェスタ

「笑☆舞」


笑☆舞のみんな、凄く落ち着い阿演舞でしたよね。

以前お伝えしたさのよいファイヤーカーニバルでの、初めてのデビューから2か月近く経ってたんですけど、成長が早いなって感じですよね。

演舞以外でも、その前に行われたアコースティックコンサートも、熱心に見入ってたし、あらゆるものから一杯のものを吸収しようっていう姿がこっちまで伝わったし、顔に書かれた『笑』の文字もバッチリ微笑んでました。

2曲目で煽りをされた方、その声にどっかに聞き覚えが?あって、その顔もどこかで見たよな~なんて思ってたら、玉名での司会をされてた方ですよね。

そんなことも知らないのかって笑われても、素人ブロガーは、照れ隠しに皆さんの微笑みを分けていただく以外にありませんね。

けど、名前なんて知らなくたって、あの日の感動がちゃんと蘇るのも凄いですよね。

この日のみんなの演舞も、この後一生忘れることの出来ないものになったのは言うまでもないでしょうし、もしかしたら龍星群を新しく巣立ったメンバーがこのわらいぶに加わるのかもしれないな。Img_0948_2笑☆舞 Wa☆Live わらいぶ in 阿蘇ネイチャーフェスタの写真を見る


「荒人」

やっぱりこっちの方が、少し場数が多い分だけ、笑顔も自然に近いかなっていう感じですよね。
今回は、ちゃんと大きなステージ上に駆け上がっての演舞。Img_0915荒人 in アスペクタその2の写真を見る

そっちからの景色は全然違ったんでしょうね。

当然写真の方も若干違った感じでって思ってたんですけど、どうかな~happy01

本当はもっと枚数があるんですけど、もうこれ以上増やしていくと、いよいよ全体の容量が怪しそうおです。

明日から、「かすや」「おおかWA!」「させぼ」…って感じでお祭りの連続。

当然新しい場所を設けなければって思っています。
今度は4号店ってすべきなのか、それとも2008~秋編なんていう感じにするのか、まだ決まってはいませんが、そこもすぐに皆さんの笑顔で埋め尽くされすですよね。

嬉しい悲鳴です。


今日は、この後お伝えする「アスペクタYOSKAOI編総踊り」のデータの整理と、
Vientoさんのコンサートの動画を見なおしていました。

それってやっぱり感動です。
映像のチェックだから、早送りしてもいいんでしょうけど、やっぱりゆっくり見てみたいくて、
この日のと同じ時間の長さの中から、一杯のものを感じさせていただきました。

…なんて先に書いてしまうと、もうお伝えする言葉が足りなくなるんじゃって思われるかもしれませんね。

でも、自分なんかの下手な言葉が全く必要ないほどの、いいお話が一杯ですので、ぜひとも最後までお付き合いください。

そのためにも、ここに終演の総踊りをここに付け加えさせていただきますね。
Img_9700


Img_9725終演総踊り in 阿蘇ネーチャーフェスタの写真を見る


| | コメント (0)

益田蟠竜おどり隊 in 阿蘇ネイチャーフェスタ

一度に数チーものアップを出来る余裕はない現状。
このチームの元気さにあやかりたいですね。

凄く大きな旗も、応援していただく方々からのお志を形に変えたものっていうことです。

この大旗が似合う会場ってそうはないけど、ここはまさにうってつけっていう場所でしたね。
一度目の演舞は、その旗がメインっていう感じで、その合間にみんなが踊ってのが見えくれするっていう感じの演舞で、こちら側からは旗が踊ってるって感じでした。


Img_9640益田蟠竜おどり隊 in 阿蘇ネイチャーフェスタの写真を見る

まあ2回演舞だからいいでしょうhappy01

島根からまさかこの会場までおみえになるって予想できなかっただけに、結構驚きました。

けど、驚くのって不自然ですよね。今年だけでも自分が行った会場でほとんど、その姿を見せていただきましたし、代表の言葉でも、全国のまつりを制覇するのが夢っていうことですし、いつかそれがかなえばいいなて思います。

けど、この会場も含め、毎年多くののまつりが次々に開催され始めたことを考えれば、一生を通しても、ここが最後だっていうゴールは見えないのかもしれませんね。

そうですよね。蟠竜の思いは、単に照れを隠すための言葉であって、本当は最後のテープなんて切りたくはないですよね。

嬉しい悲鳴を上げながら、番竜の旅はこれからもずっと続くんだろうなって感じました。Img_0745

その旅に自分はこれから何度ご一緒させていただくことが出来るのかなhappy01

| | コメント (0)

スタジオ バイラス シズカ in 阿蘇ネイチャーフェスタ

熊本にまた新しいご縁ができました。

スタジオ バイラスについてもっと詳しい記述をと考えているのですが、まだその余裕がないまま3つ目のチームである「スタジオ バイラス シズカ」のダンスの模様をアップさせていただきます。

今までの2チームの分をスタジオのパソコンでみんな一緒になってご覧いただいたっいうコメントもいただいたし、 機会があればっていうか、本気になって今度皆さんのところにお邪魔させていただこうかななんて考えています。

撮影OKのイベント等あれば押しかけさせてくださいねhappy01

その時は、今回みたいにお待たせすることがないように、パソコンも持参して、その場でデータをお渡ししようかな~なんてことも考えています。

カメラがビデオと一眼レフで計4台、それに三脚…すっごい大荷物にはなるでしょうけど、そんな撮影も楽しそうですよね。

これをご縁にっていうことで、チームのホームページを皆さんにもお知らせしておきますね。

Img_0774

Img_0782 スタジオ バイラス シズカ in 阿蘇ネイチャーフェスタの写真を見る

| | コメント (2)

菊池白龍一番隊 in 阿蘇ネイチャーフェスタ

学校行事を早めに切り上げての参加っていうことでした。
凄いですよね。

やっぱり地元を代表するのこの景色の中での演舞は見逃せませんよね。

それにしても煽りの方って、本当に心から踊りを愛しておられるんだなって、改めて感じました。Img_9701

この会場に来ていることを見ただけでも、それぐらい分かるだろうって突っ込まれそうですが、あちこちの会場でお見かけする割には、この方がどんな感じなのかなっていうのを分かりかねていました。

確かどこかのまつりで、他のチームの煽りを引き受けておられたし、白い衣装が印象的だったんで、ずっと気になってました。

Img_0727_2 Img_0728 Img_0730 Img_0731_3
Img_0729

本当は、一緒に酒でも酌み交わしながら、お話を聞かせていただくといいんでしょうけど、なかなかそんな具合には行きませんよね。

この方だけじゃなく、ここの集まって全ての人が、例外なく熱い心をお持ちですよね。カメラからはなかなかそれらを表現するのは難しいんですけど、こんなワンショットを載せたら少しは伝わりますかね。

確か菊池でも、おまつりがありますよね。少し調べてみようかな。
Img_9625菊池白龍一番隊の写真を見る

| | コメント (0)

スタジオ バイラス ジュニア in 阿蘇ネイチャーフェスタ

やっぱりネットって凄いですよね。

こっちは一方的に記事を書かせていただいても、そのことをお知らせする余裕すらない。
そんな状態なのにちゃんと、この場所を探し出していただける。

凄いななって思う気持ちと、ありがたいなっていう気持ちと、嬉しい気持ちと、また頑張ろうって気持ちとって一杯の気持ちがわいてきます。

スタジオバイラス っていう団体については、少しずつ勉強させていただいて、ちゃんとした内容をお伝えできるようにならなきゃって思います。

こちらの書き込みにもちゃんと返事をいただいてるし、またご縁が出来たなって思っています。

そうなると、また写真の枚数もぐんとアップしなきゃ。

そういえばMaSaKoさんも、ちゃんとこちらの書き込みにコメントをいただきました。
偶然とはいえやっぱりネットって凄いっていう冒頭の言葉に戻ってしまいますね。

せなママさんにもここでのお話を読んでいただいてるって知りましたし、ホント嬉しいな。

でもここの中の言葉って単純ですよね。
人間が大好きで、笑顔が大好き。
それだけなんですから。

日頃決して意識しないで自然に出来てる皆さんの行動を、少なくともmomospapaはちゃんと見てますよってお伝えしているだけですからね。

今日はスタジオ バイラス ジュニアの皆さんのダンスの様子をお伝えします。
といってもごく短い記録で、凄く遠い映像ですけど…。
Img_0716

この後 “シズカ” っていう3つ目のチームのご紹介をさせていただくときに、色々と書かせていただきますね。
“ダイスケ”の分ももうちょこっと(ほんの少し…)映像が残っていますので一緒にアップさせていただきます。

もう少しだけお待ちくださいね。
Img_0719

そういえば、3号店の方では、 みなまたYOSAKOI祭り の記事を無事に終了することができました。

手作りのおまつりっていう感じのアットホームなよさこい。
その雰囲気を少しでも感じていただけたら、これまた嬉しいなって思います。


| | コメント (2)

ふくこい踊り隊 in 阿蘇ネイチャーフェスタ

事前にどのチームが出るなんて知識もなく来てたんで、アコースティックライブ中次々に現れれる見慣れた衣装を見ながら楽しみにしていました。

といっても「小巻組」だけはこの場所に来てくれるのは分かっていたわけですけどね。

ふくこい踊り隊が、ここまでやって来てくれるなんて驚いたけど、宮崎でも逢えたことを思えば、それってごく当たり前のことなのかもしれませんね。

みんな私服って感じで、意外にもお若いがんちゃん(失礼)好青年じゃないですか~。

どの会場でも手を抜かずに頑張ってる皆さんの姿にも、感銘しました。Img_0386

それにしても、凄くいい会場ですよね。

この会場によさこい人があふれることを願う気持ちと、逆に自分たちだけが知る密やかな場所に…っていう気持ちが入り乱れて、不思議な感覚でした。それってちょっとしみったれた感覚なのかなって自問しますけど、そんなちっぽけな考えもどこかに消し飛ばされるような、この雄大さ。

少しも引けを取らない皆さんの演舞、記録させていただきました。
Img_0662

ブログ上ではあいさつさせていただいてますけど、自分の出来ることってこんな感じで、よさこい人は色んなん場所で頑張っているんだよっていうことをお伝えすることだけです。

このシリーズの最後に総括って感じで、Vientoさんのコメントまでご覧いただけると嬉しいなって思います。

自分なんかより、グッと説得力のあるいい言葉を皆さんにいただいていますので、ぜひお聞きくださいね。

このワンショット。結構不思議なものが撮れましたhappy01
Img_9668ふくこい踊り隊 in アスペクタの写真を見る


| | コメント (0)

«”Pep Beans”「小巻組」 in 阿蘇ネイチャーフェスタ